検索 メニュー MENU

× 閉じる

ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルが蟹や海老、帆立など、極上の冬の味覚を食べ尽くし! 『ウィンターシーフードフェア』開催

ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテルでは、蟹や海老、帆立など、贅沢な冬の味覚を存分にご堪能いただけるシーフードフェアを開催いたします。

 

ウィンターシーフードフェア 料理イメージ

 

ランチタイムのライブキッチンでは、巨大なチーズボールで和える「桜海老と冬野菜のリゾット」、鉄板で仕上げる「わかさぎのムニエル グルノーブル風」をはじめ、あさりの旨みを存分に引き出した特製クラムチャウダーや、ずわい蟹とかぶのキッシュ、魚介と野菜のアヒージョなど、旬のシーフードと季節野菜を用いた多彩なメニューが揃います。

ディナータイムには、ボイルずわい蟹が登場!さらに寿司コーナーでは、マグロや鯛など、その日に入荷する新鮮なネタを職人が目の前で握ります。ライブキッチンでは、揚げたてのフグのフリットを添える「ムール貝のスープ」や、フランス料理の手法を用いた「海老と帆立、きのこのクレピーヌ(網脂)包み」を、鉄板で焼き上げ提供します。食材を網脂に包んで焼くことで一段と魚介の風味が引き立つ逸品です。

また、オープンキッチン内のチャコール窯で焼き上げる「有頭海老と帆立貝のグリル」や、巨大パエリア鍋で作る「イカ墨のパエリア」、蟹の殻からとったエキスをベースに使用した「特製シーフードカレー」など、当ホテルならではの世界のシーフードグルメをお楽しみいただけます。

その他、趣向を凝らした前菜やじっくり焼き上げる人気のローストビーフ、豊富に揃う季節のスイーツなど、約40種ものブッフェ料理をお楽しみいただける充実の品揃えです。

 

 

【『ウィンターシーフードフェア』 概要】

店舗  :ブッフェ・ダイニング「オーシャンテラス」(1階)

期間  :2018年1月15日(月)~2月28日(水)

時間  :ランチ 11:30~15:00(L.O.) ※90分制

ディナー 17:00~21:30(L.O.)/土日・祝日~22:00(L.O.)

※土日祝のみ120分制

料金(税金・サービス料込み):

ランチ 3,800円(土日・祝日 4,500円)/ディナー 6,500円

※お子様(5~12歳)料金、シニア(65歳以上)料金あり

 

 

■メニュー一例:

<ランチブッフェ>

ずわい蟹とかぶのキッシュ、鶏肉と海老のテリーヌ仕立て、殻付きバイガイのピンチョス 九条ねぎのソース、スモークサーモン、自家製豆腐 冬野菜と桜海老添え、鮮魚の昆布しめ カルパッチョ仕立て、牛肉のたたき サラダ仕立て いちごとバルサミコのソース、クラムチャウダー、魚介と野菜のアヒージョ、海老とイカ 卵のチリソース煮、海老焼売セイロ蒸し、仔羊と白いんげん豆のカスレ、鯖のパン粉焼き オリーブ風味 など

 

<ライブキッチン>

●チーズボールで和える、桜海老と冬野菜のリゾット

●わかさぎのムニエル グルノーブル風

●ローストビーフ レフォール添え

 

<ディナーブッフェ>

ボイルずわい蟹、黒瀬ぶりの炙り シトラス風味 横浜野菜とサルディーニャ島のカラスミ添え、自家製スモークサーモン、ツブ貝とパセリのタブーレ 桜海老のガレットを添えて、鶏肉と海老のテリーヌ仕立て、冬野菜のムース 甘エビとコンソメジュレ添え、イクラと塩麹漬けサーモンのタルタル仕立て、チャコール窯で焼き上げた有頭海老と帆立貝のグリル、イカ墨のパエリア、魚介と野菜のカチェッコ、鰆のコンフィ 菜の花のソースとともに、蛸と白身魚のザンギ、北海道産玉葱のクリームスープ、鴨肉のロースト いちごとバジルのソース、豚肉と季節野菜のベッコフ、特製シーフードカレー など

 

<ライブキッチン>

●握り寿司(鮮魚は日替わり)

●海老と帆立、きのこのクレピーヌ包み焼き

●ムール貝のスープ サフラン風味 カナトフグのフリットを添えて

●国産牛のローストビーフ

 

 

【ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル】

“風をはらんだヨットの帆”の外観でお馴染みの、横浜を代表するホテル。地上31階の建物に、客室数594室、8つのレストラン&バーのほか、大小10ヶ所12室を有し、ホテル館内はいたるところから海が一望できます。特に、窓を可能な限り大きく採った客室は明るく開放的な空間で、ベイブリッジや横浜港を望む海側(ベイビュー)、横浜赤レンガ倉庫や大観覧車など市街を望む街側(シティビュー)と、どの部屋からも横浜ならではの絶景が楽しめます。

 

2017.11.30 更新