検索 メニュー MENU

× 閉じる

お酒に合う食事を知ろう

 

お酒と食事というものは切っても切れない非常に強い結びつきがあり、お酒によって食事が引き立ち、逆に食事によってお酒が進むという相思相愛とも言える関係性にあります。お酒によって合うメニューも異なりますので、その相性を知ることでさらにお酒も食事も楽しめるようになるでしょう。

 

ビールに合う食事メニューとは?

ビール

仕事終わりのビールは格別なものがあり、まずはビールから始める人も多いのではないでしょうか。ビールといえばやはり炭酸による爽快感とビール特有のあの苦味が良いと思いますが、ビールの場合はやはり油物や塩味の効いたもの、辛目の味付けのものが最も相性が良いですので、フライドポテトやから揚げ、焼き鳥といったものや、チーズなども非常に相性が良いと言えます。通常の食事のメニューにもビールは合いますので、中華料理や韓国料理にもぴったりです。

 

ワインにあう食事メニューは?

赤ワイン

ワインといえば白や赤、最近ではスパークリングワインなども人気ですが、ワインの場合はその色によって合う食事のメニューがことなります。基本的にはワインの色に合わせてメニューも色で選ぶといわれており、赤ワインなら肉などの赤い色のものを、白ワインなら色が白い食材、例えば白身魚など淡白なものが合うと言われています。スパークリングワインに関しても色で食事を選ぶのは変わりませんが、炭酸が効いているため多少パンチの強い食事でも合います。

 

焼酎に合う食事メニューとは?

焼酎

数年前に大ブームとなりすっかり焼酎人気は定着しましたが、焼酎には芋焼酎、そば焼酎、麦焼酎、黒糖焼酎といったように様々な種類があります。それぞれに合う食事メニューが異なっており、芋焼酎は揚げ物や味付けの濃いもの、麦焼酎は炒め物や魚料理なら焼き魚や刺身、そば焼酎は魚介などの臭みを消せるので魚介を使用した料理に合います。黒糖焼酎は甘さがありますので、その甘さと合う甘めの味付けのものが合います。例えば角煮やタレの焼き鳥などが相性抜群です。

 

日本酒に合う食事メニューとは?

日本酒

日本酒の場合も純米酒や吟醸酒といった種類があり、それぞれに合う食事メニューが異なります。純米酒の場合、コクがありお米の風味が感じられますのでご飯に合うメニューであればほぼ何でも合います。元がお米から出来ているのですからこれは当然かもしれません。吟醸酒の場合は食前酒などに多く用いられますが、この場合香りを楽しむお酒ですので白身魚の刺身など淡白なものが非常にマッチします。このほかにも熟成酒や本醸造、生酒などもあり、熟成酒は味が濃く深いのでそれに負けない味付けの料理を、本醸造は一般的に飲まれる最もポピュラーなお酒なので普段の食事に、生酒は白ワインに近いといえるお酒なので魚料理に良く合います。

 

ウイスキーに合う食事メニューとは?

ウイスキー

昨年からドラマの影響で大人気となっているウイスキーですが、ウイスキーは基本的にどういったメニューにも合わせやすい万能なお酒です。その為スイーツにも合いますし通常の食事にもOK、おつまみと一緒にチビチビ飲むのもオツというものです。もちろんウイスキーの種類により多少相性が変わる場合もありますが、オールマイティーなお酒といえるのがウイスキーとなります。

 

以上のようにお酒の種類によって合う料理も異なりますので、それぞれの相性を知り最も食事を美味しくできるお酒をチョイスしたり、お酒を楽しめるメニューを選ぶとさらにお酒も食事も楽しくなるのではないでしょうか。

2017.09.23 更新