食品健佐:健康診断はどのように機能しますか?

あなたはレストランで悪い経験をし、それを報告することを考えたことがありますか?さて、このような状況について話し合い、食べ物や飲み物を販売する特定のレストランやその他の施設で検査を行うのは健康検査官の仕事です。 

健康診断は、事業を閉鎖したり調査したりする力があるため、非常に重要です。顧客が不満を言ったり、訪問したりして、健康プロトコルが守られていないことに気付いた場合、それは大きな問題になる可能性があります。 

あなたは健康診断がどのように機能するのか疑問に思うかもしれません。まあ、これらは2つの異なる方法で発生する可能性があります。健康診断が行われる最初の方法は、顧客または顧客のグループがレストランについて不満を言った場合です。これらは、彼らが食べている食品の品質と安全性についての不満がある場合にのみ楽しまれます。 

一方、健康診断はランダムに行われることもあります。忙しい一日の真っ只中に検査官がレストランに来て、キッチンを見始めるのはごく普通のことです。彼らが事前にレストランに通知する場合、彼らは検査官が来る前に健康上の危険を隠す時間があります。 

プロセスが始まると、健康検査官は台所に入り、起こっていることすべてを観察し始めます。これには、スタッフとサーバーが食品を処理する方法と、それらが食品を提供する方法も含まれます。 

次に、彼らは貯蔵施設のチェックを開始し、食品が適切な温度で貯蔵されているかどうかを確認します。彼らはまた、食品が腐敗していないかどうか、そしてそれらが適切な貯蔵材料に保管されているかどうかをチェックします。そうでなければ、これはそれを食べる人々にいくつかの深刻な健康問題を引き起こす可能性があります。 

非常に小さな問題の場合、検査官はその場で、または一定の時間内に問題を修正する機会を提供します。より深刻な問題を抱えている施設は一時的に閉鎖する必要があり、数百または数千の罰金が科せられることさえあります。 

施設が遵守を拒否するか、問題を解決できない場合、問題は法廷に持ち込まれる可能性があります。何度かヒアリングを行った後、レストランが順守せず、やがて営業を停止するという状況もありました。 

日本のような場所では、食品の清潔さ、安全性、味が非常に重要です。だからこそ、日本を訪れる人々は料理に圧倒されていつも驚いています。まあ、それは部分的にはシェフとサーバーの豊かな文化と非の打ちどころのない才能のためです。しかし、健康診断と規則にも感謝します。 

日本料理と健康診断プロトコルについては、食品研佐のブログをご覧ください。文化について学ぶ絶好の機会です。