検索 メニュー MENU

× 閉じる

ぐるなびが訪日観光客 レストラン事前決済予約サービスの提携強化

ボーナス

株式会社ぐるなびは、訪日観光客のレストラン予約ニーズ増加を受け、飲食店の効率的な集客をサポートするため、2017年春より中国、台湾の旅行会社と提携して事前決済サービスをスタート。サービスの好調を受けて、2017年12月上旬より、「大衆点評(大众点评)」と「美団(美团)」を運営するO2O中国最大手の美団点評と、同10月下旬より、年間訪日台湾人観光客45万人が利用する台湾最大の旅行会社 Lion Travelの2社とも提携し、事前決済型の多言語レストラン予約サービスのさらなる強化を図ります。

2017年の訪日観光客数は2017年10月で累計2,379万人。単月でも前年同月比21.5%増の259 万5 千人と、10 月として過去最高を記録しました(出展:JNTO)。その中でも東アジア(中国、台湾、香港、韓国)からの訪日観光客数は全体の3/4を占め、同エリアからの旅行時のレストラン予約の需要は今後ますます高まることが予想されます。実際にぐるなびが事前決済サービスの提携を開始した2017年春から現在までで、提携先からの事前決済予約数は約10倍増(予約人数ベース・2017年4月~10月末時点)と好調に推移。受け入れ側の飲食店でも、「店舗情報を掲載してすぐに予約がたくさん入ってきた」、「通常の予約だとキャンセルも多いが、キャンセルがないのでスムースに運用できる」と好評の声をいただき、お店の売上増と、予約客が当日連絡もなく来店しない「ノーショー(No Show)」のリスクの払拭につながっています。

今後は、提携先を増強することにより、「ぐるなび外国語版」の既存のユーザーに加えて、提携先の膨大な数の会員や利用者が飲食店の新規顧客として見込まれ、ぐるなびにとってもさらなる経済圏の拡大につながることを期待しています。

ぐるなびでは、年末から来春にかけて今後さらに韓国など東アジアを中心に提携先の拡大を予定。さらに、「ぐるなび外国版」にて、メニュー詳細を掲載している全国約2万6,000店舗においても、直接事前予約決済が可能になるシステムの開発を進めており、多言語での事前決済予約サービスのますますの充実を図っていく計画です。

■ 新規提携先 概要
・美団点評 中国:12月上旬から開始(予定)

2015年に中国最大の口コミサイト「大衆点評(大众点评)」と、中国最大のクーポン共同購入サイト「美団(美团)」が統合して「美団点評」として設立。チケット、ショッピング、ホテル、娯楽、飲食など生活や旅行の必須情報を網羅した、登録ユーザー数 約6億人を誇る中国最大手のO2O。企業価値は300億ドルに達し、新興企業(未上場)として世界4位にランクしている。

Lion Travel(雄獅旅行社股份有限公司)台湾:10月下旬から開始
1985年6月に台湾で設立され、宿泊施設やフライト、パッケージツアーの予約及び法人の旅行マネジメントサービス等旅行サービス全般を提供する台湾最大の旅行会社。台湾週刊サービス第一大賞、11年連続 (2005~2015) 旅行社第1位を獲得し、年間訪日客利用者数は45万人以上を誇る。

■ 既存提携先 概要
・Ctrip(上海携程国际旅行社有限公司)中国:2017年春から開始
1999年に中国の上海で設立され、宿泊施設やフライト、列車、パッケージツアーの予約及び法人の旅行マネジメントサービス等旅行サービス全般を提供する中国最大のオンライン旅行会社。会員数3億人、年間利⽤者数10億人、年間アプリ利⽤比率70%、年間訪日客利⽤者数200万人で訪日中国人観光客の約3割を占める。2010年に立ち上げた着地型観光ツアーTTD部門(things to do)は、 訪日中国人FIT旅行者向けに、 Ctripサイトにて日本全国の日帰りツアーや遊園地チケット、レストラン予約などの商品を販売している。

・KKday(酷遊天國際旅行社股份有限公司)台湾:2017年春から開始
2014年5月に台湾で設立し、2015年10月には予約者延べ人数100,000人を突破、ツアー6,000件(2016年)を有し、日本、韓国、香港、シンガポールやマレーシアなど5つの地域に海外拠点を持つ台湾最大級のオンライン旅行会社。

■ 事前決済型レストラン予約のしくみ

2017.12.11 更新