検索 メニュー MENU

× 閉じる

ぐるなびが飲食店でビットコイン決済サービスを開始! ブロックチェーン企業のbitFlyerと連携

ビットコイン

ぐるなびは、10月31日(火)より、仮想通貨「ビットコイン」決済の店頭決済サービスを、マルチ決済サービス『ぐるなびPay』のサービスとして提供を開始します。

まずは、東京都内飲食店10店舗で順次試験的に先行導入し、2018年春を目途に全国への展開を目指します。

『ぐるなびPay』は、各種クレジットカード決済と、「WeChat Pay」のQRコード決済サービスに対応しており、モバイルPOSシステム「ぐるなびPOS+(ポスタス)」とも連携し、飲食店の面倒な会計操作の簡易化を実現し、安い手数料料率とともに評価を頂き飲食店への導入が進んでおります。
仮想通貨に関しては、今年4月の改正資金決済法の施行により、通貨としての安心感の定着とともにビットコインの保有者が増加しており、海外からの利用者も見込めるため今後はさらに市場が拡大するとみられております。
ぐるなびは、多様化する決済手段に対応する利便性の高い決済サービスを飲食店に提供し、国内外のお客様の利便性向上と集客や業務支援を中心とする飲食店のICT化に今後も取り組んでまいります。

2017.10.30 更新