検索 メニュー MENU

× 閉じる

サカタのタネがヨルダンのキュウリ育種会社を買収

握手

サカタのタネは10月1日、欧州地域の統括子会社European Sakata Holding S.A.Sを通じて、ヨルダンのキュウリ育種会社「Al Mourog Al Kasbah for Agri & Vet Co.」を買収しました。

Al Mourog Al Kasbah for Agri & Vet Co は、キュウリを専門とする育種会社で、育種と生産、種子の販売を行っています。

サカタのタネは世界的な市場があるキュウリをグローバル戦略品目の1つとして位置付けており、キュウリの研究開発を加速させるとともに、海外拠点との連携を深めることにより、グローバル体制の強化を図っていくとのこと。

なお、取得価格等については、買収先の株式が非上場であり、個人であることなどから開示は控えております。

出典:サカタのタネHP

2017.10.05 更新