検索 メニュー MENU

× 閉じる

ファーマインドが日本最大の野菜露地生産事業会社を経営統合

握手

 

株式会社ファーマインドは、野菜の露地生産事業に本格参入 することを目的に、このたび、全国 5 拠点で日本最大の露地栽培を行う農業法人を傘下に持つ株式会社北海道産直センターの 100%株式譲渡について、同社の株主と合意しました。

北海道産直センターは農業法人への出資を行うほか、生産指導、生産物の一部仕入販売を行っており、傘下の農業法人は、北海道、青森、 岡山、宮崎、長崎に位置し、作付面積の合計は、露地生産を行う規模としては日本最大の約 800ha です。主な生産品目はブロッコリーで、 日本の季節に合わせたリレー栽培を行っており、国内生産シェアは時期によっては 15%前後に達します。今後、上記 5 拠点以外にも産地を 拡大し、同時に生産品目も拡大していく方針です。

昨今の国内青果物の物流状況について見ますと、コンビニやドラッグストア、 e コマースといった青果物販売チャネルの多様化によって、重量 ベースで果物最大である当社の主力商品のバナナでさえ単品での配送が難しくなってきています。斯様な状況を踏まえ、今後は野菜、果物 の混載による統合物流(=統合青果流通)をより一層進めていく必要があります。統合青果流通の実現には、温度管理された物流ネットワー ク、所謂コールドチェーンが必要不可欠となりますが、当社は現在、全国 14 拠点の物流センターでコールドチェーンによる物流機能及び出 荷機能を提供しており、入荷から出荷・配送までを定温で行える環境を整備しています。従来、バナナを始めとする輸入果実の取扱が 大半 を占めていましたが、先般のオリックス株式会社(本社:東京都港区、社長:井上 亮、以下「オリックス」)との業務提携や本取組を含め、国 産青果物の取扱も順次強化していき、国産流通にもコールドチェーン機能の活用を拡大し、効率的で包括的な供給体制を構築していきます。

野菜をはじめとする園芸作物生産に関しては、屋外の畑で栽培する露地栽培とガラス温室や植物工場で栽培する施設栽培がありますが、 当社としては、施設栽培については他社との業務提携を通じて、露地栽培については本事業に取り組むことにより、国内野菜生産の両翼に 参入します。同時に、 JA からの調達についても、全国の JA との関係を強化し、商品群の充実を図っていく方針です。これら取組を通じ、青 果物に関しては、ほとんどすべての商材に対応できる体制をつくり上げ、統合青果流通を進めることで、量販店をはじめとする顧客の皆様、更 にその先の消費者の皆様の要望に応えて参ります。

また、「生産者と消費者を繋げていく」という当社企業理念の対象は、日本国内に限るものではなく、将来的には海外マーケットへの国産青果 物の輸出も視野に入れており、今回の野菜露地生産事業への参入は、その一環でもあります。当社は今後とも国内外での青果物の供給体 制の強化及びコールドチェーンを通じた品質向上を図り、生産地から消費者の皆様へ新鮮でおいしい青果物をお届けして参ります。

<ファーマインドのバリューチェーン>

<北海道産直センター傘下のファーム概要>

 

<ファーマインド物流ネットワーク>

 

 

■北海道産直センター概要
会社名 :株式会社北海道産直センター
代表者 :出羽盛久
設立 :1998年10月22日
所在地 :北海道札幌市東区東雁九条三丁目 2 番 20 号
事業内容 :青果物の卸売販売、農業指導、農作業の代行・請負・委託、農業用資材の販売

■ファーマインド概要
会社名 :株式会社ファーマインド
代表者 :堀内 達生
創業 :1991年2月
所在地 :東京都千代田区神田和泉町 1 番地
物流拠点 :14 拠点(札幌、大館、郡山、千葉、上尾、青海、立川、川崎、長野、名古屋、神戸、広島、福岡、宮崎えびの)
事業内容 :青果物・生花の輸出入、加工及び販売業

2017.09.15 更新