検索 メニュー MENU

× 閉じる

遺伝子データを活用したサービスプラットフォーム構築の『AWAKENS』が資金調達を実施

シリコンバレーに挑戦するゲノムスタートアップ「AWAKENS」

500 Startups Japan、エムスリー等から資金調達

米国にて第一弾サービスを提供開始、日本国内にてB2B事業「GENOME LINK™」のパートナー開拓を加速させる。

 

100%のヒト遺伝情報である「全ゲノム」を活用したサービスプラットフォームの構築を目指すAWAKENS(アウェイクン)は、500 Startups Japan(本社:東京都千代田区、代表:ジェームズ・ライニー)、エムスリー(本社:東京都港区、代表:谷村 格)、日本医療機器開発機構(本社:東京都中央区、代表:内田 毅彦)、エンジェル投資家の鎌田 富久氏(TomyK Ltd.)、西野 恒五郎氏(マーソ株式会社代表取締役)、北野 宏明氏(ソニーコンピュータサイエンス研究所代表取締役社長兼所長)、および複数の個人投資家より資金調達を行いました。同資金を活用し、ゲノム統合型サービス開発用ソフトウェア「GENOME LINK™」の開発を加速させるとともに、日本国内また海外でのさらなる法人パートナー企業との連携構築を進めていきます。

 

AWAKENSは

1. 誰もが自分自身のゲノムデータを持ち信頼できる情報とサービスにアクセスするためのコンシューマー向けプラットフォーム「GENOMIC EXPLORER™(B2C事業)」の提供。

2. 誰もが信頼性の高いゲノム統合型サービスを開発できるAPIソフトウェア「GENOME LINK™(B2B事業)」を開発します。

また、これらを活用した日本国内におけるゲノム統合型サービスのプラットフォーム構築を進めており、すでに医療、ヘルスケア、食と栄養、フィットネス、教育等の分野で複数企業が参加を表明しています。

 

ゲノム統合型サービスの普及が先行する米国市場でも通用するサービスを生み出すため、また長期的にグローバル市場に通用するチームのベースを築くために、現在AWAKENSはシリコンバレーのゲノム分野に特化したスタートアップセンターを拠点としてサービス開発を続けています。

 

ゲノム統合型サービス開発用クラウドソフトウェア「GENOME LINK™」

 今後、医療やヘルスケア分野を中心に、ゲノムを活用した個別化サービスの提供が増えていくと予想されます。しかし、質の高いゲノム解釈情報のデータベースやオペレーションの構築等にかかる初期投資は数千万円〜数億円に上り、参入は容易ではありません。そこで、本サービスではユーザーのゲノムデータの取得、専用の高セキュリティ環境でのデータ管理、国内外最高レベルのデータベースにもとづく信頼性の高いゲノム解釈情報の連携までを、クライアント側の開発者によるコーディングだけで実装できるようにします。これまで高い初期投資とセキュリティリスク等の懸念からゲノム分野に参入ができなかった大企業やスタートアップでも、AWAKENSの専門家チームのサポートを受け、質の高いゲノム統合型サービスを提供できるようになり、結果ユーザーがゲノムを通じて得られる価値が高まっていくと期待されます。

 

現在、「GENOME LINK™」を活用したゲノム統合型サービスを共同開発する初期パートナー企業が複数社参加を表明。今後も医療、ヘルスケア、食と栄養、フィットネス、教育等の分野で企業様へのゲノム統合型サービス開発サポートを拡大していく予定です。

 

出典:AWAKENS HPより

 

●スタートアップ創業時から、海外進出を目指す「ボーン・グローバル企業」が注目されています。AWAKENSは、米国シリコンバレーで創業されており、米国や日本といった地域にサービスを展開する、ボーン・グローバル企業と言えます。海外市場での存在感を築けるかが今後の課題かと思います。

また、遺伝子情報を活用したサービスは従来から存在していますが、今まではDNAチップの技術を用いているのに対して、AWAKENSは、シーケンスデータにフォーカスしていることが特徴の1つです。次世代シーケンサー技術の今後の発展から考えると、魅力的なプラットフォームが作られるのではないでしょうか。

創業メンバーは、様々なバックグラウンドを持つメンバーで構成され、かつゲノムビジネスの立ち上げなどの実績がある魅力的なチームですので、今後の展開に期待したいです。

 (食品検査.com)

 

2017.08.23 更新