検索 メニュー MENU

× 閉じる

40代は出世に興味ない?!働く1万人成長実態調査

出世

総合人材サービス、パーソルグループの総合研究機関である株式会社パーソル総合研究所は、1万人を対象とした「仕事を通じた成長」に関する実態調査について、新たに40歳以上のミドル・シニア社員の就業意識について結果をお知らせします。

■調査結果1:42.5歳で出世したいと思わない人が出世したい人を逆転。45.5歳でキャリアの終わりを意識する人がそうでない人を逆転。出世への意欲について調査したところ、年齢が上がるにつれて出世意欲は減退し、42.5歳で出世したいと思わない人が出世したい人を上回ることが明らかになりました。また、自身のキャリアの終わりを意識しているかどうかについても調査したところ、45.5歳でキャリアの終わりを意識している人がそうでない人を上回りました。

このように40代半ばには出世意欲は減退し、キャリアの終わりを意識する人が増えます。しかし人生100年時代といわれる現代においては、その後20年以上働く人が多いと予想されます。出世の他に仕事への動機づけを見つけられるかが、その後のキャリアにおける成長を左右する一因となることが推察できます。

■調査結果2:45歳から59歳までの人は、成長「志向」と「実感」のギャップが特に大きい

これまでの調査から、成長している「実感」は、成長を重要だと思う「志向」よりも、「仕事への意欲」「就業満足度」「組織のパフォーマンス」といった仕事の重要な要素にポジティブな影響を与えることが明らかになっています。組織の目標達成の度合いを示す「組織のパフォーマンス」では約3倍の効果の差が生じます※1。

全世代の正社員について、成長「志向」と成長「実感」のギャップを調査したところ、成長「志向」については年齢による変化は生じなかった一方で、成長「実感」は、40代から50代にかけて大きく減少しています。本調査結果より、45歳から59歳までの人は、成長「志向」と「実感」のギャップが特に大きく、自身の希望通りの成長を実感できていない人が多いことが明らかとなりました。

2017.12.15 更新