検索 メニュー MENU

× 閉じる

ファスマック|食品中の虫異物を同定する試薬を販売

ファスマックから、虫に由来する異物を同定するためのプライマーセットが販売。

現在主流の形態的特徴を指標とした同定とは異なり、DNA塩基配列を指標としています。そのため、熟練技術を必要とすることなく、正確に虫種を同定することができます。

【 商品仕様 】
商品名 商品コード 容量 価格(税別)
虫異物同定用プライマーセット F112-1K 30反応分 50,000円

※本製品は、ハウス食品グループ本社株式会社の技術(特許出願中)のライセンスを受けて、株式会社ファスマックが製造販売しています。
※PCRに必要な酵素やバッファー類、シークエンス解析に必要な試薬類は含まれておりません。

【 特徴 】
  1. cytochrome c oxidase subunit I(COI)遺伝子、16SリボソームRNA(16S)遺伝子中の虫種の違いを反映する領域を増幅するようにプライマーを設計。
  2. 短い塩基配列を指標とするため、加熱加工処理を受けた虫異物も同定可能。
  3. 3つのプライマーセット(COI-A,COI-B,16S)を組み合わせることで、より正確な判定が可能。
【 作業手順 】
  1. ① DNA抽出
  2. ② PCR増幅(虫異物同定用プライマー使用)
  3. ③ シーケンス(虫異物同定用プライマー使用)
  4. ④ データベース照合
  5. ⑤ 異物同定
※ファスマックにて、シークエンス受託解析を行っております。シークエンサーをお持ちでないお客様はご相談下さい。