検索 メニュー MENU

× 閉じる

サーモフィッシャーが、低分子からタンパク質、核酸まで 高速での定量分析と特性解析を実現する新しいUHPLCシステム Vanquish DuoをJASIS 2018にて初出展

サーモフィッシャーサイエンティフィック ジャパングループは、新しいThermo Scientific Vanquish Duo UHPLCシステム(以下、Vanquish Duo)を、2018年9月5日(水)から9月7日(金)まで幕張メッセ国際展示場にて開催される分析機器・科学機器専門展示会「JASIS 2018」のブースNo.8A-101/201にて、日本国内で初めて出展することを発表します。

 

Vanquish Duo UHPLCシステム

 

 

医薬品およびバイオ医薬品の複雑な分析要件を満たす次世代のVanquish Duoは、ワークフローを合理化し、試料当たりの分析コストを削減するために設計された、最新の超高性能液体クロマトグラフィー(UHPLC)システムです。スループットと投資収益率(ROI)を最大限に引き出すとともに、科学者が試料の物性を確実に、かつ包括的に把握できるように、解析データを提供します。

 

サーモフィッシャーサイエンティフィックHPLC部門のバイスプレジデント兼ジェネラルマネージャであるファブリツィオ・モルトニ(Fabrizio Moltoni)は次のように述べています。「規制基準に準拠した、安全で薬効の高い医薬品のニーズの高まりに対応するために、医薬品およびバイオ医薬品業界は、この業界独自の分析課題に直面しています。Vanquish Duo UHPLCシステムは、低分子医薬品およびバイオ医薬品の完全な特性解析を可能にするために必要な、高いスループットと確固たるソリューションを提供し、お客様の投資を裏切ることのない信頼と品質を提供します」

 

 

Vanquish Duo UHPLCは三つの用途に応じてシステムを構成することが可能です。そのため、科学者はさまざまな分析やリソースの課題に対応することができます。

 

●デュアルLCシステム用のVanquish Duoは、1台で二つのアプリケーションを並列に実行することができます。同じアプリケーションを並列に実行することで2倍のスループットが得られます。また、異なるアプリケーションを並列に実行することにより、さらに深い試料の物性情報を得ることができます。システムは貴重なラボスペースを犠牲にしない省スペース設計で、効率化とパフォーマンスの向上を可能にします。

 

●タンデムLCまたはLC-MSシステム用のVanquish Duoは、カラムの洗浄と平衡化の時間を取り除くことにより、検出器/質量分析計の使用率を最大限に高め、最大のスループットと確実なROIを提供します。システムは二つのポンプを使用し、二つの同一のカラムを交互に実行できるように構成されています。一つのポンプは分析用の送液を実行し、もう一つのポンプは洗浄と平衡化のための送液を行います。この二つの動作は並行して行われるため、検出器はデータ品質を損ねることなく迅速に分析を実行します。

 

●逆グラジエント用のVanquish Duoは、サーモフィッシャーの革新的な荷電化粒子検出(CAD)技術の検出能力を強化します。CADのレスポンスはグラジエント溶出条件下で変動しますが、分析で使用しているグラジエントと逆勾配のグラジエントを送液する逆グラジエント法を用いることで、移動相組成比を一定にし、物質によらず均一な検出器の応答性を確保できます。安定的で高感度かつ費用対効果の高いソリューションにより、ユーザーは偏りなく試料中の化合物を確実に定量化することができます。

 

Vanquish Duo UHPLCシステムの分析能力は、Thermo Scientific Chromeleon Chromatography Data System(CDS)ソフトウェアとの統合によって最大化されます。このソフトウェアは、簡単なメソッド移管ツールやVanquish Duoの二つの完全独立した流路の制御を目的としたインテリジェントなソフトウェアツールによってワークフローを合理化します。

 

製品の詳細はこちらをご覧ください。

https://www.thermofisher.com/VanquishDuo

2018.08.25 更新