検索 メニュー MENU

× 閉じる

新型コロナウイルス 検査精度管理用試薬| SARS-CoV-2のDNA標準プレートの販売開始

DNA標準プレート「RICOH Standard DNA Series」
本商品は、㈱リコー独自のインクジェット方式を用いたバイオプリンティング技術を活用し、DNA分子を1分子単位で規定し、遺伝子検査用プレートやチューブのウェルに分注したDNA標準物質です。
低濃度領域でもDNA分子数のばらつきが発生することがなく、遺伝子検査の手法や検査装置、試薬などの精度管理や品質管理を厳密に行うことが可能となります。
新型コロナウイルス SARS-CoV-2のDNA標準プレートの販売を開始しました。
試薬やPCR検査装置の確認を行う目安となり、偽陰性による感染拡大のリスク低減に貢献します。

【 特徴 】

  • ①バイオプリンティング技術により1分子(1コピー)単位でDNA数を調整
  • ②既知数のDNAがあらかじめウェルやチューブに入っているため、希釈などの面倒な作業が不要
  • ③ピペット操作や濃度分布による変動が無い
  • ④PCR検査装置の校正、検出度評価、試薬の性能評価に最適
  • ⑤ISO17025やISO15189の要求事項における精度管理にも使用可能

【 使用例 】

●測定前のPCR装置性能チェック(600G Type001)
96wellプレート全面に人工配列DNA10コピーと、プライマー、増幅試薬、蛍光プローブが分注済みなので、リアルタイム PCR 装置にセットし、すぐに測定できます。Cq 値を用いて面内分布の確認や、月ごとの機器精度管理にご利用できます。
●検出限界・定量限界の評価(例:256750-N1B、256750-N2B)
低コピー領域におけるCq値のばらつきを評価できます。
●検量線の作成(例:256750-8N1C、256750-8N2C)
幅広い測定レンジに対応した検量線作成用スタンダードとして使用できます。検量線作成における希釈操作の負担や、ばらつきを軽減します。
㈱ファスマックは本製品の取り扱いをしています。サンプル提供中ですので、詳細はこちらをご覧ください。
http://fasmac.co.jp/product/ricoh

2020.05.21 更新