検索 メニュー MENU

× 閉じる

森永生科学研究所主催 「食物アレルギー物質検査 精度管理サーベイ」のご案内

精度管理サーベイに参加することで、自社検査の正確性を確認でき、取引先からの分析技能の証明要求に応えられます。また、ISO22000やFSSC22000などの食品安全マネジメントシステムの国際規格においても、食品検査室の能力(技量)を客観的に評価することが求められています。食物アレルギー物質検査精度管理サーベイに参加し、貴社検査室の分析技能の確かさを客観的に評価しましょう。

精度管理サーベイの特長

信頼性向上に役立ちます

  • 食品検査室、検査従事者の能力(技量)を客観的に評価できます。
  • 検査担当者間の測定誤差の把握、管理ができます。

技能向上に役立ちます

  • 外れ値となる要因を考察できます。
  • 試験技術向上のための管理ポイントが明確になります。

    弊社でお客様をサポートします。

気軽に参加できます

  • 各社ELISAキットで参加可能ですので、普段ご使用の検査方法で参加できます。
  • 参加者IDを付与するので、他の参加者に対し匿名性が保たれます。

精度管理サーベイの概要

主催 株式会社森永生科学研究所
試験項目 食物アレルギー物質「卵」「牛乳」のエライザ法による定量分析
「アレルギー物質を含む食品の検査方法について」(最終改訂;平成26年3月26日付消食表第36号)の基準を満たしたキットをご使用ください。
試料 粉末食品状の試料
評価判定 ISO/IEC 17043:2010 (JIS Q17043:2011) を参考にしたZスコアで評価
但し、参加者数が少ない場合は分布図等で提示

※キットメーカー毎の測定結果について統計処理を行うため、正確な分析技能評価が可能です。

●今年度のスケジュールはこちら⇒ 実施スケジュール

 

価格:23,000円/2項目 (税抜き)

お申し込み期日:2017年8月1日から10月13日まで

申込先:株式会社ファスマック 遺伝子検査事業部

TEL:046-295-8787、E-mail:gmo@fasmac.co.jp

2017.10.21 更新