検索 メニュー MENU

× 閉じる

  • ホーム
  • 食の安全
  • 中国に輸入されたニンジン種子からLso発見。中国がナス科及び...

中国に輸入されたニンジン種子からLso発見。中国がナス科及びセリ科種子の輸入検疫強化

ニンジン

平成29年9月に農林水産省植物防疫所から中国がナス科及びセリ科種子の輸入検疫を強化した件について以下の発表がありました。

 

中国国家質量監督検験検疫総局ホームページに、以下の情報が掲載されたことを確認しましたので、お知らせします。

  1. 中国に輸入されたニンジン種子からCandidatus Liberibacter solanacearum(以下「Lso」という。)が発見されたため、ナス科及びセリ科種子の輸入検疫を強化する。
  2. 今後1年間、Lsoのリスク評価のため、以下の対象植物を輸入する際、遺伝子解析による精密検定を実施する。
    (1) 対象植物
    ナス科及びセリ科の種子

 

出典:農林水産省HP

2017.10.21 更新