検索 メニュー MENU

× 閉じる

  • ホーム
  • 食の安全
  • 平成29年9月1日より、新たな加工食品の原料原産地表示制度が...

平成29年9月1日より、新たな加工食品の原料原産地表示制度が始まりました

 

新たな原料原産地表示制度が始まりました。

 

一部の加工食品にのみ義務付けられていた原材料の産地表示が、平成29年9月1日から国内で製造される全ての加工食品において、重量割合上位1位の原材料について、原産地を表示することが食品事業者に義務付けられました。

ただし、外食、容器包装に入れずに販売する場合、作ったその場で販売する場合、輸入品は対象外です。

(平成34年3月31日まで経過措置期間があります。)

 

【改定のポイント概要】

<改定前>

対象:生鮮食品に近いと認識されている加工食品(22食品群と4品目)

表示方法:国別重量順表示のみ

 

<改定後>

対象:すべての加工食品の1番多い原材料

表示方法:「国別重量順表示」、「製造地表示」、「又は表示」、「大括り表示」が認められます

 

【改定後の表示例】

1.「国別重量順表示」:原材料名 豚肉(アメリカ産、国産)、○○○

*1カ国の場合は、豚肉(アメリカ産)

2ヶ国は、豚肉(アメリカ産、国産)

3カ国以上の場合は、すべて表示する場合、豚肉(アメリカ産、国産、オーストラリア産、フランス産)、3カ国目以降を「その他」と表示する場合は、豚肉(アメリカ産、国産、その他)と表示

 

2.「製造地表示」:原材料名 チョコレート(ベルギー製造)、○○○

*一番多い原材料が加工食品の場合は、その製造地が表示されます。ただし、1地番多い原材料に使われた生産食品の産地が分かっている場合には「○○製造」の代わりに、その産地が表示されることもあります。

 

3.「又は表示」:原材料名 豚肉(アメリカ産又は国産)、○○○ *豚肉の産地は、平成○○年の市場実績順

 

4.「大括り表示」:原材料名 豚肉(輸入)、○○○

 

現在、新たな原料原産地表示制度の導入に当たり、消費者庁が、全国各地において説明会を開催しています。消費者庁のHPから説明会の日程が掲示されていますので参加されるのが良いかと思います。

 

出典:消費者庁HP

2017.10.21 更新