検索 メニュー MENU

× 閉じる

  • ホーム
  • 食の安全
  • 食品由来のアクリルアミド摂取量の推定に関する研究成果他(...

食品由来のアクリルアミド摂取量の推定に関する研究成果他(平成29年度食品健康影響評価技術研究成果発表会の開催)

ポテトフライ

 

食品安全委員会では、食品健康影響評価技術研究の成果の普及及び活用を促進することを目的に、下記のとおり平成28年度に終了した研究課題について成果発表会を開催します。

 

1. 開催日時  平成29年10月2日(月)14:00〜16:30 (13:15受付開始)

2.  会場   食品安全委員会 中会議室 (東京都港区赤坂5ー2ー20 赤坂パークビル22階)

3. プログラム別添1【200KB】別ウインドウで開きます参照)
(1)家畜とヒトとの間における薬剤耐性菌の循環に関する分子疫および時空間比較ゲノム解析
(名古屋大学 荒川 宜親) 14:05〜14:50
(2)食品に対する乳児期のアレルギー性反応獲得メカニズムと発症リスク評価
(徳島大学 木戸 博) 14:50〜15:35
(3)食品由来のアクリルアミド摂取量の推定に関する研究
(国立環境研究所 河原 純子) 15:35〜16:20


参加には、食品安全委員会ホームページの専用フォーム等でお申し込みが必要です。

 

出典:食品安全委員会HP

2017.09.11 更新