検索 メニュー MENU

× 閉じる

遺伝子組換え未承認のペチュニアについて

ペチュニア

 

平成29年5月に国内で未承認の遺伝子組換えペチュニアが見つかったことを受け、農林水産省では、国内の種苗会社に対し、所有するペチュニア品種の自主検査を行うよう指導してきました。

本年8月末までに、820品種について検査結果の報告があり、5月に公表した14品種以外に、36品種が未承認の遺伝子組換え体であることが分かりました。農林水産省及び環境省は、当該品種の販売者に対して、植付け前の当該品種の苗や種子の回収と廃棄を指導しています。

なお、当該遺伝子組換えペチュニアが、他の野生植物に影響を与える可能性は低いと考えられます。

 

経緯と概要

平成29年4月、フィンランド政府が遺伝子組換えペチュニア(9品種)を確認したとの公表を受けて調査を行ったところ、本年5月、我が国においてもカルタヘナ法第4条に基づく承認を受けていない遺伝子組換えペチュニア(14品種)が販売されていることを確認しました(注)。

これに伴い、農林水産省では、国内の種苗会社に対し、所有するペチュニア品種の自主検査を行うよう指導してきました。

この結果、平成28年7月以降国内で販売されたことが明らかとなったペチュニア約1,400品種のうち、本年8月末までに、820品種について検査結果の報告があり、5月に公表した14品種の他に、36品種が未承認の遺伝子組換え体であることを確認しました。

これらのペチュニアは、いずれも、育成過程で遺伝子組換え技術を用いておらず、市販品種を交配して育成したものであるため、育成に用いた品種の中に遺伝子組換え体の品種が含まれていた可能性が高いと考えられます。

参考:当該品種の生物多様性への影響について
ペチュニアは南米原産の外来種であり、日本において交雑可能な近縁野生種の存在は知られていません。
また、園芸作物として改良が重ねられ、人が作り出した環境に適応した作物であるため、雑草化して他の野生植物に影響を与える可能性は低いと考えられます。

 

農林水産省と環境省の対応

・農林水産省と環境省は、遺伝子組換え体と判明した品種の販売者に対し、植付け前の当該品種の苗や種子の回収と廃棄を指導しています。また、カルタヘナ法第30条に基づき、当該販売者に対し、原因究明、回収状況、再発防止策等の報告を命じています。

・約1,400品種のペチュニアのうち、自主検査を実施中である約600品種については、随時結果の報告が行われる見込みであり、今後、未承認の遺伝子組換えペチュニアが新たに確認された場合は、同様の指導や措置を行います。

・今後、新たに遺伝子組換え体と明らかになった品種については、随時、農林水産省ホームページの「国内で未承認の遺伝子組換え体であると判明したペチュニア品種」に掲載しますので御参照ください。

http://www.maff.go.jp/j/syouan/nouan/carta/pdf/petunia-6.pdf(PDF : 140KB)

 

出典:農林水産省HP

2017.09.22 更新