検索 メニュー MENU

× 閉じる

残留農薬 基礎講座⑤ 「残留農薬の用語解説」

トマト

残留農薬 基礎講座 最終回の第5回目は「残留農薬の用語解説」です。

 

5.残留農薬の用語解説

単語 意味
天敵 自然界において、2種生物間で、片方がもう片方を特異的に食べるという関係がある場合に、食べられる側からみて食べる側の動物をさす。
生物農薬 病害虫・雑草の防除に利用される微生物、天敵、寄生昆虫などを施用しやすく、かつ効力を発揮しやすいよう製剤化したもの。
ADI = 一日摂取許容量(人がその農薬を毎日一生涯にわたって摂取し続けても、現在の科学的知見からみて健康への悪影響がないと推定される一日当たりの摂取量)のこと。
ARfD = 急性参照用量(人がその農薬を24時間又はそれより短い時間経口摂取した場合に健康に悪影響を示さないと推定される一日当たりの摂取量)のこと。
TMDI
= 理論最大一日摂取量(食品ごとに、その農薬について、設定されている、又は設定が検討されている残留基準値と一日当たりの平均摂取量とをかけあわせて摂取量を試算し、すべての食品からの摂取量を合計することにより推定される、理論上最大となる一日当たりの摂取量)のこと。
EDI = 推定一日摂取量(食品ごとに、その農薬の推定残留量と一日当たりの平均摂取量とをかけあわせて摂取量を試算し、全ての食品からの摂取量を合計することにより推定される一日あたりの摂取量)のこと。
ESTI = 短期推定摂取量(食品ごとに、農薬の最高残留濃度及びその一日当たりの最大摂取量を基に推定される摂取量)のこと。
無毒性量 = NOAEL(no-observed adverse effect level)。動物を用いた毒性試験の結果から求められる毒性変化が認められない量のこと。通常は、様々な毒性試験において得られた個々の無毒性量の中で最も小さい値を、その農薬の無毒性量とする。
原体 農薬の有効成分である化合物の化学工業製品をいう。農薬の主成分だけでなく、合成時の副生物、反応しなかった原料及び分解物などの成分も含む。
LD50 =50%半数致死量。一定時間内に実験動物の半数を死亡させる致死量のこと。動物種および毒物の投薬経路によってその値は異なる。値が高いほど毒性は低い。
LC50 =50%半数致死濃度。一定時間内に実験動物の半数を死亡させる、気体中或いは液体中の毒物の濃度のこと。値が高いほど毒性は低い。
ppm 百万分の1。例えると、1トン積みの小型トラックの中の1g

 

(参考)単位比較 
単位 ppm(100万分の1) ppb(10億分の1) ppt(1兆分の1)
長さ 1kmの行程の1mm 東京~下関の距離の1mm 地球24周のうちの1mm
面積 甲子園球場のなかの
1枚の官製はがき
東京渋谷区のなかの
1枚の官製はがき
岩手県のなかの
1枚の官製はがき
重さ 1トン積みの小型トラックの中の1g 10トン積みの大型トラック100台に対しての1g 10万トン積みの大型タンカー10隻に対しての1g
容積 1m3の家庭用風呂の中の1ml タテ20m、ヨコ50m、深さ1mのプールの中の1ml 同プール1000個に対する1ml

 

残留農薬 基礎講座① 「農薬とは?」

残留農薬 基礎講座② 「農薬の残留基準値の決め方」

残留農薬 基礎講座③ 「環境への安全性の評価」

残留農薬 基礎講座④ 「農薬の使用方法を守る理由」

 

出典:農林水産省HP

2017.10.30 更新