検索 メニュー MENU

× 閉じる

食の安全を守ってくれる食品の表示を知ろう

食品表示をしっかりとチェックして食品を購入しているという方は、多くないかもしれません。日本では、食品に対する成分表示が非常に細かく設定されているため、ぜひチェックしてほしい部分なのです。食品表示について、調べました。

 

安全な食卓を守るために

食べ物は私たちの食卓に運ばれてくるまでに、安全を守るための様々なチェックをクリアしています。食品が人々に与えてきた健康被害は過去にもたくさん発生しています。被害にあわないためには、自分自身でもそれを避けるために十分な注意をするが必要があります。

しかし、食べる際にいちいち健康被害を考えている人は多くはないでしょう。なぜ、安心して食事ができるのか、それは食の安全が日本という国全体でしっかりと守られているからなのです。

食の安全を守るために大きく変わったのが、食品表示です。

 

食品表示法

食が私たちに与える健康被害は「食中毒」などがありますが、食による被害件数は年々減少し続けています。それだけ食の安全を守るための工夫が行われていることがわかります。

食品には、注意すべき表示や成分が細かく記載されていますよね。食品の表示を見て見ると、かなり細かくびっしりと記載されています。この表示がいつ頃から今のような表示になったのか、知っていますか?

現在の状態になったのは、平成27年です。平成27年4月1日から食品表示法・食品表示基準が施工されました。

それまでは食品衛生法・JAS法・健康増進法の3つの法律が食品の表示についてのルールを定めていました。さらに、消費者にわかりやすいように食品の表示が細かく設定されたのです。

 

細かくなった成分表示

食品表示を見て見ると、「商品名称」「原材料名」「内容量」「賞味期限」「保存方法」「製造者」が表示されています。さらに、各食品に関しての注意点などが表記されています。

大きく変わったのは、「原材料名」です。それまでは、そこまで詳しく表示されていませんでしたが、添加物が何かをわかるように記載する必要があります。表記する際のルールは、原材料と添加物を区分すること、そして重量順に表示することです。つまり、一番最初に書かれている成分が、最も多く含まれている材料なのです。

また、原材料名には栄養成分が同時に表示されています。この栄養成分の表記も義務化されたのです。ここまでは、食べる人全員に影響がある部分です。さらに細かく記載されるようになったのが、「特定原材料」です。

食品の表示には、特に食物アレルギーの症例が多い食品が「特定原材料」として区別して表記されています。過去にアレルギーを起こした食品が、対象です。特定原材料の表示がある際には、念のため今までそれに関連するアレルギーが発症したことがないのかを考えて、食品を購入するのがおすすめです。

 

まとめ

食品の表示は、あまり気にしない部分かもしれません。

今まで、それほど細かく記載がなかった成分ですが、より消費者にとって安全を選びやすい表示へと変わってきているのです。特に、日本の食品表示は非常に細かく記載されているため、チェックして購入する癖をつけるだけでも、安全な食事を楽しむことができるのです。

2018.11.05 更新