検索 メニュー MENU

× 閉じる

食品衛生法に基づく営業許可証について

工場

飲食店の開業や食品製造をしたいという方なら一度は聞いたことのある「営業許可証」ですが、実際中身についてはよく分からないという方少なくないとおもいます。

そもそも取得することによってできることは何なのか、そして食品衛生法に基づいた営業許可証の取得方法についてを解説していきます。

 

1.営業許可証とは?

・食品製造、販売等に必要
飲食店やお祭りやでの食品販売や食品製造に必要になります。
そもそも食品衛生法とは飲食から起こる健康被害を抑えるために定められた法です。
しょう油やソースなどの調味料の製造だけでは無くそうざい製造業などにも必要になります。

 

2.許可の必要な34業種

製造業
アイスクリーム類製造業、乳製品製造業、菓子製造業、あん類製造業、魚肉ねり製品製造業、食肉製品製造業、清涼飲料水製造業、食品の冷凍または冷蔵業、氷雪製造業、乳酸菌飲料製造業、食用油脂製造業、みそ製造業、マーガリン又はショートニング製造業、ソース類製造業、しょう油製造業、豆腐製造業、納豆製造業、酒類製造業、そうざい製造業、めん類製造業、かん詰又はびん詰食品製造業、添加物製造業

処理業
特別牛乳さく取処理業、乳処理業、食肉処理業、集乳業、食品の放射線照射業

販売業
魚介類競売り営業、乳類販売業、食肉販売業、氷雪販売業、魚介類販売業

このように大きく3つの業種に必要になります。
ほとんどの業種が含まれているため、必ずチェックをして当てはまる場合は営業許可を取らなければなりません。

 

3.営業許可証の種類
様々な業種に必要となる営業許可証ですが、今回は3つの営業を紹介します。

飲食店営業
ほとんどの一般的な料理店などに必要な許可になります。
食品調理を行い客に飲食させる営業が含まれます。

喫茶店営業
喫茶店だけでは無く設備を設けて酒類以外の飲料類や茶菓子を飲食させる営業が含まれます。

菓子製造業
ケーキや和菓子クッキーなどのお菓子などの製造に必要な許可になります。

 

 

ペン

 

4.申請手続きと取得方法
<申請時に必要な書類などは?>
営業許可申請書
営業設備の大要、配置図
食品衛生責任者の証明書類
登記事項証明書
許可申請手数料
水質検査成績書

これらを用意し保健所に提出してなければなりません。

 

5.どこで申請すればいいのか

各都道府県の保健所にて必要書類の提出になります。
設備完成予定日の10日程前には提出しましょう。

 

6.申請から取得までの流れ

保健所にて事前相談を必ず行なってください。
その後必要書類の用意ができたら担当者との確認検査日程などを話し合いましょう。
その後許可証交付日になりましたら保健所にて交付を行なってください。

 

7.必要な知識と資格

食品衛生法に基づいた営業許可証を取得するためには、食品衛生責任者の届け出が必要になります。
食品衛生責任者になるためには各都道府県の講習会を受講しなければなりません。

 

8.まとめ

今回紹介した業種を見ていただければわかる通り、ほとんどの食品関連の営業には許可証が必要になることがわかります。
取得までの行程は必ず余裕をもって行うようにしましょう。

 

2018.07.04 更新