検索 メニュー MENU

× 閉じる

  • ホーム
  • 研究
  • バイオプリンティング技術により DNA 分子数を 1 個単位で制...

バイオプリンティング技術により DNA 分子数を 1 個単位で制御|DNA 分子が所定の数だけ入った標準物質により遺伝子検査の精度向上に貢献

株式会社リコー、国立研究開発法人 農業・食品産業技術総 合研究機構、 日本製粉グループの株式会社ファスマックは共同で、遺伝子検査装置および試薬の精度管理で使うことが できる、DNA 分子の絶対数が1個単位で制御された新しい DNA 標準物質を、バイオプリンティング技術 を活用して実現しました。

標準物質とは、成分の含有量が明確にされた測定の基準となる物質のことで、 DNA 分子の数が個数単位で制御された標準物質はこれまで製造できませんでした。

このたび開発した DNA 標準物質の製造法により、遺伝子組換え食品やがん・感染症の検査など、特定の DNA を検出する 遺伝子検査用の標準物質の製造が可能になり、検査をより確実なものにすることができます。

この成果は、現地時間 6 月 4 日から 7 日に開催される Bio International Convention (米国・ボストン) および、6 月 27 日から 29 日に開催される Biotech(日本・東京)にて発表します。

詳細は、ニュースリリースをご覧ください。

2018.06.20 更新