検索 メニュー MENU

× 閉じる

  • ホーム
  • 研究
  • 全国47都道府県の「がんばるお父さん」を大調査! 家族愛ナン...

全国47都道府県の「がんばるお父さん」を大調査! 家族愛ナンバーワンは何県?三大都市のお父さんの特徴も紹介

頑張るお父さん 

アサヒ飲料株式会社は、「ワンダ」ブランドが発売20周年を迎えるにあたり展開している「WONDERFUL COFFEE PROJECT」の一環として、「全国のがんばるお父さん1万人大調査」の第2弾として「全国ナンバーワンお父さん」に関する調査結果を発表いたします。さらに、調査でわかった全国のお父さんの実態をまとめた「お父さん大百科」を、「WONDA」スペシャルwebコンテンツ上で2017年9月4日(月)に発表いたします。

■WONDA「全国のがんばるお父さん1万人大調査 お父さん大百科」
仕事、家族、愛妻度…47都道府県お父さんの「前向き度」を大調査! 本調査は、 20~50代の既婚男性で中学生以下の子どもがいるお父さん10,000人に行った「がんばるお父さんのコミュニケーション事情」に続いて発表するものです。20周年の感謝の気持ちを伝えるとともに、日頃から「ワンダ」の缶コーヒーを楽しんで頂いている全国のお父さんを応援していくため、お父さんたちの「前向き度」を47都道府県で比較調査しました。 その中で仕事・趣味嗜好それぞれにおいて「仕事前向き度」「家族前向き度」などを比較し、「全国ナンバーワンお父さん」を決定しました 。さらに、調査で分かった各「ナンバーワンお父さん」の実態もご紹介いたします。はじめに、お父さんの「仕事前向き度」を調べるべく、「今の仕事が好きかどうか」をききました。その結果、「好き」と回答した“仕事前向きお父さん”トップ3は1位「宮崎県」(74.0ポイント)、 2位「徳島県」(73.5ポイント)、 3位「沖縄県」(72.3ポイント)、ワースト1位は「岩手県」(49.0ポイント)、 2位「大分県」(51.0ポイント)、 3位「和歌山県」(51.0ポイント ※小数点第2位で順位づけ)という結果になりました(全国平均60.7ポイント)。

西日本のお父さん」の仕事への健闘ぶり がうかがえます。

「仕事が好き」と回答した宮崎県のお父さんは、「今の仕事にやりがいを感じている」という質問に対しても77.0ポイントと高い数値で全国ナンバーワンとなっており(全国平均60.9ポイント)、 宮崎県のお父さんは“ 仕事前向き度ナンバーワン と言える でしょう。
では、今回“仕事前向き度ナンバーワン”に輝いた宮崎県のお父さんはどんな特徴があるのでしょうか。調査結果からわかる「宮崎県のお父さん」像を紹介します。

◆仕事前向き度ナンバーワン!「宮崎県のお父さん」ってこんな人

宮崎県のお父さん

宮崎県のお父さん

 

さんさんと輝く太陽を浴びて育ったマンゴーのようにスウィートな宮崎県のお父さん。通勤時間は短いが、職場に着いてからやる気にエンジンがかかるまでは時間がかかる。のんびり屋さんなところがあるのだ。ランチは毎日愛妻弁当で、妻へのありがとうメールは欠かさない。心でちゃんと繋がっていたいのだ。仕事には前向きに取り組み向上心も高いが、程ほどに休憩を取り無理をしすぎないことがモットー。それが、かえって業務の効率を上げることを知っているのだ。帰宅後の一番の楽しみは愛する妻との会話。名前で呼び合い、一日の出来事を妻へ報告すれば疲れも吹き飛んでいく。

身長:170.7cm 体重:68.0kg 仕事着:支給のユニフォーム
仕事で持ち歩くバッグのタイプ:ショルダーバッグ
ヘアスタイル:スキンヘッド・坊主
職業:医者や弁護士・税理士など専門的な資格を有する仕事
※全国平均より有意差がある特徴をピックアップし作成

“家族前向き度”ナンバーワンお父さんは、イベントを愛する沖縄県!

続いて、 家族を大切にしている度合い= 家族 前向き度」を調べ ました 。すると「家族の誕生日は早く家に帰るようにしている」という「優しいお父さん」が多かった都道府県は1位「沖縄県」(83.2ポイント)、 2位「山形県」(82.1ポイント)、 3位「佐賀県」(81.1ポイント)となりました(全国平均69.9ポイント)。一方、ワースト3は「岡山県」(63.5ポイント)、「長崎県」(64.0ポイント)、「高知県」(64.3ポイント)という結果に。

1位に輝いた「沖縄県」のお父さんは、「クリスマスやハロウィン等のイベントは必ず家族で楽しむ」という質問に対しても、 75.9ポイントで全国ナンバーワン(全国平均66.3ポイント)。
“家族前向き度ナンバーワン” お父さんは沖縄県のお父さん と言えそうです。

◆家族前向き度ナンバーワン! 「沖縄県のお父さん」ってこんな人

日本最西端に位置する亜熱帯の島・沖縄県のお父さんは、自分の仕事も、家族との時間も、楽しむのが上手くまわりも明るくできる性格。

妻とは今でもお互いを名前で呼び合い、友達のような関係だ。掃除、洗濯、アイロンがけ、子どもの送り迎え、朝食や弁当作りまで協力しながら家事・育児を分担している。つい張り切ってしまうのは、家族との外出。みんなで集まれる誕生日やクリスマスなどのイベントも、仕切る自分が子ども以上にテンションが上がってしまう。そうやって特別な日のみんなの笑顔を写真に収め、待ち受けにして眺めるのが何よりの幸せだ。でも、写真を見ると最近顔が丸くなった気が…。う~ん、美味しい食事、美味しいお酒は俺の大切な楽しみだからな。まぁ、ぽっちゃりもチャーミングだし、これも悪くない! うん、心配ないさ!

身長:169.9cm 体重:70.3kg 休日に外出する際の格好:Tシャツと短パン
仕事で持ち歩くバッグのタイプ:リュックサック・バックパック 最も気に入っている靴下の色:黒
職業:教育・講師・インストラクター関係の仕事、政府機関や役所に勤める公務員
※全国平均より有意差がある特徴をピックアップし作成

“愛妻前向き度”ナンバーワンは、 “妻の誕生日にプレゼント”徳島県! 

最後に、 妻度 =「 愛妻 前向き度」を調べました 。「妻の誕生日には必ずプレゼントを贈っている」という“妻想い”なお父さんは、 1位「徳島県」(58.8ポイント)、 2位「秋田県」(58.0ポイント)、 3位「石川県」(56.0ポイント)という結果になりました(全国平均48.6ポイント)。

今回の調査では “愛妻前向き度” ナンバーワンは 「徳島県」のお父さん と言えるかもしれません。

ちなみに、「妻に名前で呼んでもらえない」というお父さんの割合を調べてみると、 1位「秋田県」(45.0ポイント)、 2位「岩手県」(44.0ポイント)、 3位「新潟県」(40.9ポイント)と、なぜか東北・北陸のお父さんが目立つ結果となり(全国平均35.4ポイント)、地域により妻からの愛情度も様々なことがうかがえます。

◆愛妻前向き度ナンバーワン! 「徳島県のお父さん」ってこんな人

阿波踊りの練習で毎年忙しい夏を過ごしている徳島県のお父さん。朝も出勤前から慌ただしい。朝ごはんと子どものお弁当を作り、洗濯までこなして出かけるのだ。職場でも同じくテキパキ仕事をこなし、尊敬できる上司にも恵まれたおかげで、残業はほぼない生活に。ときどき仕事で失敗すればガクンと落ち込むものの、そんな時は財布に大事にしまった家族写真を眺めて心を落ち着かせている。

家庭では、絵に描いたようなお父さん像を体現中。帰宅後、妻の美味しい夕食でほっと一息したかと思うと、食後は自ら皿洗いをし、子どもとお風呂に入り寝かしつけまでしてしまう。そして休日は、子どもと一緒にサッカー観戦をすることが何よりの楽しみ。

身長:171.2cm 体重:71.1kg 休日に外出する際の格好:ジャージ
仕事で持ち歩くバッグのタイプ:普段バッグは持ち歩いていない
休日によくしていること:サッカー観戦
※全国平均より有意差がある特徴をピックアップし作成

1万人のがんばるお父さんを調査! 47都道府県「お父さん 大百科 」公開

本日9月4日に公開した「お父さん大百科」では、今回ご紹介した調査結果のほか様々なお父さんの全国比較結果や全47都道府県のお父さん像を紹介しています。お住まいの地域の「お父さん」を探してみてはいかがでしょうか。

 

 

「お父さん 大百科

●毎月のお小遣い全国1位! “頑張れ、俺”   「東京 のお父さん」

約1300万人という日本の人口の約1割を占める東京都で働くお父さんには、職場でたくさんの良い出会いがある。何といっても最愛の妻とは職場の同期という出会いだ。夢を持って入社した会社では、やりがいを持って働き、尊敬できる上司に出会い、良い関係を築けている。成し遂げたい夢のために、早朝出社し、仕事が始まるまで本を読む習慣を得たのもこの上司の影響だ。

休日にも、子どもや妻との時間も大切にしつつ、運動や料理、美術鑑賞などあらゆる方向から自分を高める努力を怠らない。家族に怒られないように、年に2回の旅行の時間をとっているのは大切なポイントだ。趣味に出かけるたびに、新しい刺激的な出逢いがあり、意識高い系の人にすぐに影響されてしまうが、向上心、と言い聞かせ、今日も財布の紐を解いてしまったことは、妻には言っていない。出費がかさむ。とにかくかさむ。働くしかない、働くしかないのだ、俺。

スマホチェ ックが楽しみ! なかなかええやん  「 大阪府 のお父さん」

昔から商人の町として栄えてきた大阪。日々多忙なお父さんには、朝日に照らされた大阪城を眺める余裕はない。スマホチェックに余念がないのだ。とはいえ、すれ違うきれいな女性をチラ見することは、ついついしてしまっている。会社での評価は、良くも悪くもない。今の仕事に満足しているわけではないけれど、別に不満もない。そこそこ器用にこなしている自負が自分にはある。

帰宅後の楽しみ、それは夕飯だ。妻の手料理を食べながらのテレビ三昧。この何気ない時間が何よりも好きなのだ。家事も育児もどうも気が乗らない。オヤジギャクも全然ウケない。だけど、我が家での留守番だけは得意。気づけば週末も、妻と子を見送り、一人で留守番になりそうな気配だ。競馬に行きたいところだが……まっ、それでもかまへんかまへん。リビングの掃除をしながら、阪神戦でもテレビ観戦しよう。

カラオケの持ち歌13.6曲 明日はきっと良い日になる  「 愛知県 のお父さん」

日本の中部に位置し、東日本・西日本と両方の感覚を併せ持つ愛知県のお父さんには、すぐに気分を切り替えられる瞬発力がある。朝は太陽の光を思いっきり浴び、今日もやってやるぞ!という気持ちで会社に向かうが、通勤中にキレイなお姉さんに見惚れてしまい、ふっと戦意がなくなってしまうことも。職場に着くと、仕事に特にやりがいを強く感じているわけではないが、尊敬している上司のひと言で、今日もエンジンをかけ充実した1日になっていたりもするのだ。

妻と子どもは大好きだ。家族の写真がケータイの待ち受け画面。家族の存在が支えであり、イベントのときなどはお父さんとして積極的に仕切る。皆で過ごす楽しい時間が終わると、妻に名前を呼ばれ、ひと言、片づけよろしく。尻に敷かれている訳ではないんだ。これは俺が信頼されている証なんだ。とある休日、今日もそう言い聞かせ、ひとり朝ごはんを作りながら、家族が誰も理解してくれていないバンド活動の自作の歌詞を口ずさむのであった。

全国のお父さんが選んだ、 地元ならではの「朝メシ」「ご褒美メシ」が当たるキャンペーンも実施

缶コーヒーブランド「ワンダ」の発売20周年記念プロジェクト「WONDERFUL COFFEE PROJECT」では、当社が1997年に「ワンダ」を立ち上げた時にビジョンとして掲げた「ワンダフルな味や体験を、コーヒーを通じて世の中に提供する。」をテーマとし、世の中に缶コーヒーの枠にとらわれない驚きや楽しみを提供していきます。

全国のがんばるお父さんを応援する「ワンダ」は、お父さんたちの「一番お気に入りの地元の朝メシ」「ご褒美メシ」も調査。 1万人のお父さんが選んだ「朝メシ」「ご褒美メシ」の中から、さらに厳選した「馬刺しとたたきセット」「牡蠣めしの素」などのメニューが抽選で総計3,000名に当たるキャンペーンを2017年10月31日(火)まで実施します。

 

2017.09.18 更新