検索 メニュー MENU

× 閉じる

アクセンチュア最新調査―男女のキャリア平等と賃金格差の縮小を実現するには、企業文化の変革がカギ

アクセンチュアの最新調査によると、企業が男女ともに活躍する組織へ変わるためには、企業文化の変革がカギとなることが明らかになりました。

アクセンチュアは、男女間の賃金格差を解消するために経営層が講じるべき対策などについてまとめた調査レポート「男女ともに活躍する企業への変革(Getting to Equal 2018)」を発表しました。その中でアクセンチュアは、男女のキャリア平等を実現する40の要素を特定しました。

本調査では、女性のキャリアアップと男女間の賃金格差解消に効果的な要素を特定するため、日本の700人以上を含む、世界34カ国の働く男女2万2,000人以上を対象にアンケートを実施しました。さらに、労働課題に関する公開データの詳細分析やインタビューも行いました。

アクセンチュア株式会社 インクルージョン&ダイバーシティ統括 執行役員 堀江 章子は次のように述べています。「今回の調査で、女性のキャリアアップを支える土壌がある企業では、男女ともに活躍していることが明らかになりました。会社全体が活性化し、女性だけではなく、男性も昇進の可能性が高まるのです。」

ダイバーシティ担当役員がいて、ダイバーシティを向上させる目標設定がされていること、男女ともに育休取得が奨励されていること、研修制度と受講環境が整備されていることなど、男女のキャリア平等の文化を生む40の要素が職場に浸透している企業では、ほとんどの従業員がキャリア構築に前向きであることが明らかになりました。日本国内においても、従業員の大半がキャリアアップのタイミングやスピードに満足し、上級管理職への昇進意欲も高いことが分かっています。

また、グローバル全体に目を向けてみると、40の要素が職場に浸透している企業では、そうでない企業に比べて男性、女性ともに昇進の可能性が高まることが分かりました。
・ 女性が管理職に昇進する可能性は35%高く、上級管理職に昇進する可能性は約4倍高い
・ 男性が管理職に昇進する可能性は23%高く、上級管理職に昇進する可能性は2倍以上高い

さらに、グローバル全体で40の要素が浸透した場合は、以下の効果が期待できます。
・ 管理職の男女比率の改善:現在は、男性100人に対し女性34人。浸透後は、男性100人に対して女性84人に増える見込み
・ 女性の賃金上昇: 最大約320万円増加する見込み(51%アップに相当)
・ 男女間の賃金格差の縮小:女性全体の賃金は約310兆円増加する見込み

経営者が企業文化の改革に取り組むとき、多様性に関して明確な目標を設定することが不可欠です。アクセンチュアの最高リーダーシップ&人事責任者であるエリン・シュック(Ellyn Shook)は次のように述べています。「経営者は、企業全体の文化の方向性を決めるにあたり、大きな影響力を持ちます。また、女性の活躍を促進するには、男女のキャリア平等を経営上の戦略的優先事項に設定することが求められます。全ての人が公私共に活躍できる環境――つまり、誰もが日々疎外感を感じることなく、自分らしくいられる場所――を企業内に築くことが何より重要です」

アクセンチュアは2017年、男女間の賃金格差解消を促す、3つのキャリア構築の加速要素(デジタル活用力、キャリア戦略、テクノロジーの習得機会)を特定しました。

今回のレポートでは、キャリアアップに最も影響を与える要素を、経営層によるコミットメント、活躍を促す組織の仕組み、社員が自発的に働きやすい環境という3つの視点に分類しています。この3点について、日本での調査結果は下記のとおりです。

・ 経営層によるコミットメント:経営幹部が女性の活躍推進にコミットしている組織では、女性が早く昇進できる可能性が6倍高い(女性の活躍推進にコミットしている組織40.3%に対し、そうでない組織6.5%)。

・ 活躍を促す組織の仕組み:女性同士のつながりと昇進に関連性がある一方、半数以上の女性が、そのようなネットワークのない組織で働いていると回答。女性のネットワークがある企業では、女性の91%が参加しており、そのうちの62%では男性も参画し、キャリア構築に寄与する情報交換が行われている。

・ 自発的に働きやすい環境:信頼と責任のある仕事、自由な労働スタイル、オープンでイノベーティブな環境では、社員が活躍しやすい傾向にある。

調査方法
アクセンチュアでは、昇進と賃金に関して男女が平等の機会を得られる企業文化の構築に向けて、経営層は何をすべきか明らかにするため、「男女ともに活躍する企業への変革(Getting to Equal 2018)」調査を実施しました。

世界34カ国の大卒以上の働く男女2万2,000人以上(日本700人以上を含む)を対象にアンケートを実施したほか、「ファスト・トラック女性(5年以内に管理職に昇進するなど、いち早くキャリアを前進させている女性)」に対し、インタビューも行いました。
さらに、労働力、昇進、人材ミスマッチ、企業文化、ハラスメント、職位ごとの男女比、企業事例といったさまざまな労働課題に関する公開データの分析も行いました。
そして、アンケートと分析調査の結果を組み合わせることで計量経済モデルを作成し、女性のキャリアアップに特に大きな影響を及ぼす要素を特定しました。
さらに、このモデルを活用して一連の仮説を設定し、予測される変化が実現した場合に昇進や所得格差の縮小にどのような影響があるかを分析しました。

2018.04.27 更新