検索 メニュー MENU

× 閉じる

バレンタインの楽しみ方は多様化!? 女性同士で楽しむ「友チョコ」人気や自分への「ご褒美チョコ」も!

一般社団法人日本ホームパーティー協会は、2018年バレンタイン関するアンケート調査を、20歳以上のホームパーティーに関心のある女性へ行いました。その結果をご報告いたします。


■ズバリ!バレンタインはどんな日?「愛を伝える」「感謝を伝える」「友チョコ」「ご褒美チョコ」など

Q.あなたにとってバレンタインデーとはどんな日ですか?(複数回答可)
ホームパーティー好きな人に聞いたところ、「恋人や配偶者に愛を伝える日」(72%)が1位としては圧倒的な結果に。続いて「友人とチョコレートを楽しむ日」(32%)、「職場の人に感謝を伝える日」(28%)となりました。その他の声としては、「家族と過ごす日」「好きな人に告白する日」といったものもありました。
また他にもとして、「普段以上に豊富な種類のチョコレートが街に溢れかえる日」「自分へのご褒美として食べたことのないチョコを買う日」「家族と一緒に楽しくスイーツを作る日」という意見も集まりました。

■バレンタインチョコ、「本命と義理両方あげる」「本命だけあげる」の2強に

Q.バレンタインチョコはあげますか?(必須)
一番多かった回答は、「本命と義理両方あげる予定」(44%)。次点で「本命だけにあげる予定」(36%)となりました。その他は「義理だけあげる予定」(12%)、「あげるかどうかわからない」(8%)との結果に。
その他意見としては、「風習としての義理チョコは面倒ですが、同僚や仕事でお世話になっている人への感謝の気持ちとしては賛成」「異性とのコミュニケーションツールとして本命も義理もありだと思う」 などの意見が寄せられました。



■今回のバレンタインデー関するアンケートについて、当協会代表/ホームパーティー研究家 高橋ひでつうの見解
「バレンタインデーの楽しみ方は様々ですが、友人同士で楽しむ友チョコ文化はだいぶ定着してきたのではないでしょうか。例えば高級ブランドチョコ限定で贈り合うとか、ちょっとしたルールを設けて皆で楽しむスタイルもあるようです。もちろん、家族や仕事でお世話になった方への感謝の気持ちを表す日として、今や男女の愛の日だけでなく、日頃言えない感謝を表現する日としてのコミュニケーションツール的な役割を担っている模様です。そういった方々を集めてのバレンタインホームパーティーを楽しむ方も増えてきています。」

2018.01.17 更新