検索 メニュー MENU

× 閉じる

冷蔵庫の使い方に関するアンケート調査

冷蔵庫

マイボイスコム株式会社は、『冷蔵庫の使い方』に関するインターネット査結果をお知らせします。
自宅で調理したものを「保存容器」で冷蔵保存する人は冷蔵庫所有者の7割弱、「器・皿など」が5割強、「ジッパー式ビニール袋」が3割強

■冷蔵庫内が整理できている方だと思う人は、冷蔵庫所有者の5割強。自宅で調理したものの保存方法は、冷蔵室では「保存容器」が冷蔵庫所有者の7割弱、「器・皿など」が5割強、「ジッパー式ビニール袋」が3割強。冷凍庫では「ジッパー式ビニール袋」「保存容器」が3~4割
■生鮮食品を「積極的に冷凍保存する」人は冷蔵庫所有者の2割強、「冷凍保存も活用する」が約45%。「冷凍保存はあまりしない」は2割強



◆冷蔵庫内の整理度合、冷蔵庫で保存する時の収納方法
冷蔵庫内の整理ができている方だと思う人は、冷蔵庫所有者の52.1%、できていない方だと思う人は23.5%となっています。

自宅で調理したものの保存方法は、冷蔵室では、「タッパーなど保存容器に入れる」が冷蔵庫所有者の68.4%、「器・皿などに入れ、ラップやふたなどをする」が54.4%、「ジッパー式ビニール袋に入れる」が32.9%となっています。冷凍庫では、「ジッパー式ビニール袋に入れる」「タッパーなど保存容器に入れる」が3~4割です。

◆冷蔵室・野菜室、冷凍庫に保存しているもの
冷蔵室・野菜室に保存しているものは、「野菜類:葉物」「食肉加工品」「生卵」「チーズ、ヨーグルト」「豆腐」「牛乳」が冷蔵庫所有者の7~8割です。一方、「油」は約5%、「レトルト食品、インスタント食品、料理の素など」「お米」「餅」「茶葉、インスタントコーヒーなど」は各1割、「パン類」「乾物、粉類」「お菓子類」は各2割と低くなっています。

冷凍庫に保存しているものは、「市販の冷凍食品」が冷蔵庫所有者の71.9%、「精肉類:生のまま」「アイス類」「氷」が5~6割、「作り置き・常備菜として、自宅で調理した料理」「魚介類:生のまま」が各4割弱、「野菜類:自宅で下ごしらえしたもの」「食肉加工品」「パン類」「納豆、あぶらあげなど」が各2割となっています。

◆冷蔵庫で保存している買い置き品
常温で保存できるが、冷蔵庫で保存している買い置き品は、「野菜類:葉物」「野菜類:根菜」「生卵」「たれ・ソース・ドレッシング類」「ビール系飲料」が、冷蔵庫所有者の各20%台となっています。

◆生鮮食品の冷凍保存度合
肉類・魚介類などの生鮮食品を「積極的に冷凍保存する」人は冷蔵庫所有者の22.2%、「冷凍保存も活用する」が45.2%です。「冷凍保存はあまりしない(なるべく冷凍せず使う)」は24.2%となっています。

──<< 回答者のコメント >>────────────────
◆冷蔵庫・冷凍庫での保存についての困りごと・不満 (全3,623件)
・奥の方に保存してある食品などの消費期限を確認する際、取り出すのが面倒である。(男性22歳)
・製氷機能がもっと早いと助かります。(男性36歳)
・とにかく限界まで親が詰め込むので辟易している。(男性42歳)
・ついつい冷凍してしまって、忘れてしまうことが有る。(男性65歳)
・冷蔵庫に入れてはいけないものがわからない。(女性19歳)
・ペットボトルがかさばって場所をとる。ドアがしまらなかったり、不安定で落ちてきたりする。(女性36歳)
・肉や魚は、冷凍すれば、何日もつのかが、よくわからない。(女性57歳)
・食料が沢山あるので、整理整頓ができない。したとしても、毎日入っているものが違うから、定位置を決められず、結局散らかる。(女性38歳)



2017.12.19 更新