検索 メニュー MENU

× 閉じる

楽天リサーチ、「クリスマスに関する調査」結果を発表 プレゼントの平均額は8,959円に

クリスマス

楽天リサーチ株式会社は、「クリスマスに関する調査」をインターネットで実施しました。今回の調査は、2017年11月10日(金)から11月11日(土)の2日間、楽天リサーチに登録しているモニター(約230万人)の中から、全国の20代から60代の男女1,000人を対象に行いました。

■□ 調査結果概要 □■

■今年のクリスマスに過ごす相手は「パートナー(配偶者・恋人など)」が約半数。「1人で過ごす」のは5人に1人という結果に
今年のクリスマスに誰と過ごすかを聞いたところ、「パートナー(配偶者・恋人など)」(45.5%)が約半数で最も高く、続いて「子ども」(25.7%)となった。また、「1人で過ごす」(20.9%)と回答した人は5人に1人の割合となり、昨年の調査とほぼ同じ結果となった(昨年:20.4%)。年代別では、全年代で「パートナー(配偶者・恋人など)」の回答割合が最も高いものの、30代では「子ども」が34.2%と、他の年代に比べて高かった。

■クリスマスの予定は4割強が「特にない・いつもと変わらずに過ごす」
今年のクリスマスの予定を聞いたところ、「特にない・いつもと変わらずに過ごす」(42.7%)が最も高かった。昨年の同調査と比べると3.6ポイントとやや減少した(昨年:46.3%)。その他、「ホームパーティー」(21.7%)、「レストランなどで外食」(9.1%)、「仕事・アルバイト」(7.9%)が続いた。年代別に見ると、「特にない・いつもと変わらずに過ごす」という回答においては、年代が上がるにつれ割合が高くなった(20代:28.4%、30代:32.1%、40代:43.2%、50代:50.3%、60代:54.4%)。

■クリスマスプレゼントは「何もいらない」がトップ。欲しいものでは男性「衣類」、女性「アクセサリー」がトップ
今年のクリスマスに欲しいプレゼントについて聞いたところ、全体では「何もいらない」(36.2%)が最も高いものの、男性は44.0%、女性は28.4%となり、男女間で差が出る結果となった。その他、「食事(レストランなどの外食)」(8.7%)、「アクセサリー」(8.6%)、「財布」(6.3%)が続いた。性別で見ると、男性の上位は「衣類」(7.2%)、「食事(レストランなどの外食)」(6.0%)、「財布」(5.8%)、女性は「アクセサリー」(14.8%)、「食事(レストランなどの外食)」(11.4%)、「財布」(6.8%)となった。

 

 

■あげたいプレゼントは「レストランなどの外食」。予算については男女間で2,692円の差
今年のクリスマスにプレゼントをする場合、何を贈るか聞いたところ、「何も贈らない」が34.9%で最も高く、「食事(レストランなどの外食)」(12.1%)、「衣類」(11.4%)、「おもちゃ」(11.1%)が続いた。欲しいものと贈るものの、いずれも「食事(レストランなどの外食)」が上位にランクインし、人気であることが見てとれた。性別で見ると、男性は「アクセサリー」(14.0%)、「食事(レストランなどの外食)」(12.8%)、「衣類」(9.8%)、女性は「衣類」(13.0%)、「おもちゃ」(13.0%)、「食品(お菓子・お酒など)」(12.6%)の順となり男女間で贈りたいものに差が出る結果となった。
誰かにプレゼントを贈る際の1人あたりの予算について聞いたところ、全体では「4,000円以上~5,000円未満」(18.3%)が最も高く、「10,000円以上~20,000円未満」(16.7%)、「2,000円以上~3,000円未満」(15.1%)が続いた。平均額は8,959円で、昨年の12,075円に比べて下がる結果となった。性別では、男性は10,344円、女性は7,652円となり男女間で2,692円の差が出た。また年代別で見ると40代が最も高く、9,770円だった。

■サンタクロースの存在を信じているのは、半数以上が小学校4年生頃まで
サンタクロースの存在を何歳まで信じていたかを聞いたところ、「覚えていない」(21.6%)が最も高く、続いて「4~6歳頃(未就学児)まで」(19.0%)、「小学校3~4年生」(16.1%)、「小学校1~2年生」(14.3%)となった。「初めから信じていない」は14.8%、「今も信じている」と答えた人は2.6%だった。

 

 

2017.12.24 更新