検索 メニュー MENU

× 閉じる

AIが農業生産現場をここまで変えた!種まき~収穫まで

AI

政府主導で進められているAI×農業生産=「スマート農業」。

なんとなく「ロボットが畑仕事を手伝う?」「野菜工場のこと?」という漠然としたイメージを抱いていても、具体的な実態について知っている人は少ないのではないでしょうか?

この記事では、現在の日本の農家の現状、そして日本の農業の存続と食糧自給率アップのためにAIがどうかかわってゆくのかについて取り上げました。

 

日本から農家がいなくなる?減り続ける農業の担い手

農林水産省が合評した「農林業センサス」によると昭和35年には606万戸だった農家数は、平成27年には212万戸と約三分の一まで減少。

そして農作業には多大な労力と豊富な実地経験を必要としますが、現在の農業従事者の実に7割近くが65歳以上の高齢者で占められているのが現状です。

農家数が減り農業従事者が減るということは、それだけ食物自給率がダウンし、耕作放棄地の増大による土地荒廃などの問題も孕みます。

今後も少子化や若者の農業離れによって農家の担い手は減り続ける可能性が極めて高いと考えざるを得ない今、状況を打開するカギとしてAI技術に期待が集まっています。

 

農業AI化に期待できることとは?

AIに期待されているのはまず農業現場の労働力不足の解消です。

労力を必要とする農作業の自動化が進めば、少ない農業人口でも必要な食糧生産量を維持する可能性が開けます。

そのため農作業の中でも単純な動きが多い収穫作業は、ロボット作業が導入しやすい分野です。
また、土の養分や光量そして水量などをコントロールする事が必要な野菜や果物の工場生産も、AI技術の得意分野です。

しかしその一方、成長段階の農作物の手入れや、複雑な梱包などは経験値が必要となり、まだAIに頼ることが難しい分野です。

 

ここまで来た!AI化の波

田畑の耕作および収穫など農作業のAIによる自動化が進めることで、労働力の減少に対処するということがAI導入の大きな目的でした。

現在では、食料自給率低下を防ぐためにAIを利用したビッグデータ活用にもスポットが当たっています。

データ活用によって農業被害を防ぎ、また農業データの蓄積などこれまで課題とされてきた問題解決の糸口が見えてきたのです。

 

安定した食料自給率はAIと共に!

今後日本の人口はまず間違いなく減少し、農業人口もさらに減ることが確実になってきた今、世界各国も自国の食糧確保に必死です。これまでのように輸入に依存することが難しくなった今、農業生産性の進歩が急がれます。

そしてAIのビッグデータ解析によって我が国の優れた農業技術を集約し、同じく食糧自給率アップに取り組む他国へ輸出することができるようになるかもしれません。

このようにAI技術の進化によって、日本の農業生産に新たな可能性が見出せることが期待できます。

 

2018.12.28 更新